過去問 一覧 | 中小企業診断士 経営情報システム 平成26年度(2014) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 コンピュータは、データ記録やオペレーティングシステム(OS)の起動ディスクとしてハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)を装備している。HDDやSSDには様々な種類の製品が ... 閲覧
2 コンピュータには様々な装置を取り付けるための入出力インタフェースが用意されており、業務に応じて入出力装置や外部記憶装置などを接続するのに利用される。このような入出力インタフェースに関する以下の文章の空 ... 閲覧
3 パーソナルコンピュータのOSには複数の利用者が使用することを考慮して、複数のユーザアカウントを作成可能なものがあり、ユーザごとに管理者が設定可能な管理項目が設けられている。このような管理項目に関する記 ... 閲覧
4 様々なコンピュータの発達やインターネットの普及にともなって、Webにかかわる技術は急速に進展している。Webにかかわるソフトウェア開発に関する以下の①~④の記述と、それらに対応する言語の組み合わせとし ... 閲覧
5 コンピュータでデータ処理を行うために様々なアルゴリズムが提供されている。各種業務に必要な処理内容に照らして適切なものを選択できるように、それらの特性を把握しておく必要がある。アルゴリズムの特性や処理手 ... 閲覧
6 業務においてデータ交換や通信のための処理、あるいは、データを記憶装置に保存する処理過程で、圧縮と呼ばれる操作を行う場合がある。以下に示す処理過程の中で、圧縮操作として最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
7 コンピュータシステムの運用に際して障害が発生した場合に備えて、迅速に復旧できるようシステムの冗長化や多重化を行う必要がある。システムの冗長化や多重化に関する以下の文章の空欄A~Dに入る語句の組み合わせ ... 閲覧
8 近年のコンピュータは、多様なマルティメディアデータを取り扱うことができるようになり、データ形式も増加している。コンピュータ内の補助記憶装置内のあるディレクトリを、ファイル管理ツールで見ると、以下の①~ ... 閲覧
9 様々な業務において利用されるリレーショナルデータベースでは、各種の処理要求がSQL言語によって指示される。SQL言語の要素は以下の①~④のように区分できる。これら区分とSQL言語の要素の組み合わせとし ... 閲覧
10 LANを敷設した事業所内では、コンピュータ端末やアプリケーションサーバから、各種サーバやLAN対応機器に様々なプロトコルに基づいた指令が送られる。 以下の①~④に示すサーバやLAN対応機器と、それらを ... 閲覧
11 情報ネットワークの構築において、通信技術や通信プロトコルは重要な役割を演じる。それらに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
12 コンピュータを会社内のLANに接続し、インターネットを利用する場合、LAN接続に必要な項目の設定作業を行わなければならない。社内LANにおいてDHCPサーバが稼動している場合は、LAN接続に必要な設定 ... 閲覧
13 企業経営において情報システム(IS)の有用性は益々高まりつつある。政府も高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部を設け、様々な政策の検討に入るとともに、「政府CIOポータル」サイトを設置して、わが国が ... 閲覧
14 法務省の電子認証登記所が発行する、オンライン申請に際して必要な電子証明書に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
15 近年注目されているシステム開発手法に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
16 システム開発プロジェクトにおいて「経営層によるプロジェクト運営への関与が十分でない」ことが原因で失敗するリスクがあるとき、いくつかの対策が考えられる。対策は回避策と軽減策に分けられ、回避策は、それを十 ... 閲覧
17 下図のA〜Dは、システム分析もしくはシステム設計に使われる図である。図とその名称の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。 ... 閲覧
18 中小企業がベンダにシステム開発を委託する場合、中小企業診断士には両者の橋渡しを期待される場合がある。このとき、中小企業とベンダのコミュニケーション手段となるシステム仕様書には、構造、機能、振舞の3側面 ... 閲覧
19 携帯端末の普及に伴い、個人所有の端末を社内に持ち込み仕事に利用するBYODが注目を集めている。特に、IT投資の削減や情報共有の効率化が図られることなどから、BYODに対する期待は大きい。BYODに関す ... 閲覧
20 ITプロジェクト成功のひとつの鍵は、適切なビジネスアナリシスである。これに必要な知識とスキルの標準として、IIBA(InternationalInstituteofBusinessAnalysis)が ... 閲覧
21 インターネットが普及した現在においては、関係者以外に知られてはならないような情報を、インターネットを介してやり取りしなければならない状況も多い。そのような状況下では暗号化の技術が重要になる。大阪のAさ ... 閲覧
22 事業継続のためには、各種の脅威にさらされた際の情報システムの回復力を高めておくことが必要である。独立行政法人情報処理推進機構が2012年に公開した「事業継続のための高回復力システム基盤導入ガイド」では ... 閲覧
23 顧客の信頼を高めることを目指して、ITサービスを提供するある中小企業が、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)のITSMS(ITサービスマネジメントシステム)認証の取得を検討している。こ ... 閲覧
24 ある電機メーカーが自社製品のシェアを調べようとしている。前回調査ではシェアが10%であったので、今回の調査でもその程度と予想している。信頼係数95%で誤差を3%以内としたい。この推定をするのに必要な標 ... 閲覧
25 ある店舗の日次売上高の変動を調べるために、その日次売上高データを1か月分抽出した。まず、日次売上高データの平均値と標準偏差を求めた。次に日次売上高データの平均値からの偏差を標準偏差で割ったものの二乗和 ... 閲覧