過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITストラテジスト 平成25年度(2013)秋期

申込者数

7,359人

受験者数

4,810人

合格者数

677人

合格率(合格者/受験者)

14%
問題番号 問題文
1 情報戦略の投資効果を評価するとき、利益額を分子に、投資額を分母にして算出するものはどれか。 ...
2 TCOの策定に当たって適切なものはどれか。
3 エンタープライズアーキテクチャを説明したものはどれか。
4 BABOKでは、要求をビジネス要求、ステークホルダ要求、ソリューション要求及び移行要求の4種類に分類している。ソリューション要求の説明はどれか。 ...
5 非機能要求の使用性に該当するものはどれか。
6 グリーン購入法において、”環境物品等”として規定されているものはどれか。 ...
7 市場成長率と相対的市場シェアから、市場と企業の関係を分析し、自社製品や事業についての最適な資源配分方針を求めるための手法はどれか。 ...
8 アンゾフの成長マトリクスを説明したものはどれか。
9 コアコンピタンスに該当するものはどれか。
10 バリューチェーンは、付加価値を生み出す事業活動を五つの主活動と四つの支援活動に分類する。支援活動に該当するものはどれか。 ...
11 観測データを類似性によって集団や群に分類し、その特徴となる要因を分析する手法はどれか。 ...
12 人から人へと評判が伝わることを積極的に利用することが特徴的なマーケティング手法はどれか。 ...
13 ブランド戦略における、ブランドエクイティを説明したものはどれか。
14 計画的陳腐化を説明したものはどれか。
15 マーケットバスケット分析を説明したものはどれか。
16 企業が実施するマクロ環境分析のうち、PEST分析によって戦略を策定している事例はどれか。 ...
17 SECIモデルにおける、内面化の説明はどれか。
18 特許を分析して生まれた問題解決技法であり、問題(矛盾)を創造的・発明的に解決するための弁証法的な思考法を具体的な方法論にまとめたものはどれか。 ...
19 ある期間の生産計画において、図の部品表で表される製品Aの需要量が10個であるとき、部品Dの正味所要量は何個か。ここで、ユニットBの在庫残が5個、部品Dの在庫残が25個あり、他の在庫残、仕掛残、注文残、 ...
20 ファブレスの特徴を説明したものはどれか。
21 リーダシップを"タスク志向"と"人間関係志向"の強弱で四つの型に分類し、部下の成熟度によって、有効なリーダシップの型が変化するものはどれか。 ...
22 アクションラーニングを説明したものはどれか。
23 X社では、(1)~(4)に示す算定方式で在庫補充量を決定している。第n週の週末時点の在庫量をB[n]、第n週の販売量をC[n]としたとき、第n週の週末に発注する在庫補充量の算出式はどれか。ここで、nは ...
24 連結貸借対照表作成に関する相殺消去について、適切なものはどれか。
25 派遣労働者の受入れに関する記述のうち、派遣先責任者の役割、立場として、適切なものはどれか。 ...