過去問 一覧 | 中小企業診断士 経営法務 平成26年度(2014) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 X株式会社(以下「X社」という。)の発行済株式総数は、30万株であり、そのすべてをAが保有していた。その後、Aは死亡し、B・C・D・Eの4名のみが相続人としてAの財産を相続した。Bは、Aの配偶者である ... 閲覧
2 X株式会社(以下「X社」という。)は、Y株式会社(以下「Y社」という。)との間で、それぞれが出資して株式会社形態の新会社を設立し、合併事業を行おうとしている。これを前提に下記の設問に答えよ。(設問1) ... 閲覧
3 A氏は、X株式会社(以下「X社」という。)に対しB氏をX社の取締役に選任する議案を株主総会に提出したい。これに関する記述として最も適切なものはどれか。ただし、X社は取締役会設置会社であり、A氏の所有株 ... 閲覧
4 取引先の信用状態が悪化した場合における債権回収に関する以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社の代表取締役甲氏との間で行われたものである。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。甲氏:「Y社 ... 閲覧
5 不当景品類及び不当表示防止法(以下「景表法」という。)で定義される表示に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
6 不正競争防止法の商品等表示に、含まれないものはどれか。 閲覧
7 意匠制度に関する記述として最も適切なものはどれか。 閲覧
8 商標登録の要件に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 閲覧
9 商標制度に関する記述として最も適切なものはどれか。 閲覧
10 著作権法に関する記述として最も適切なものはどれか。 閲覧
11 次のうち、その法的主張が認められるためにはその主張者が無過失であることが必要な場合として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
12 消費貸借契約に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 閲覧
13 産業財産権(工業所有権)の存続期間に関する下記の設問に答えよ。(設問1)次のa~dの各権利とその存続期間の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。ただし、法改正に伴う経過措置、存続期間の ... 閲覧
14 契約の解除に関する記述として最も適切なものはどれか。 閲覧
15 次の英文契約書の秘密保持条項を読んで、下記の設問に答えよ。Article XX "Confidentiality"A. Recipient shall maintain in confidence ... 閲覧
16 中小企業診断士であるあなたと顧客である会社役員A氏との以下の会話を読んで、下記の設問に答えよ。A氏:「うちの製品は国内での販売は頭打ちなのだが、なぜかB国からの注文は結構あってね。」あなた:「B国は今 ... 閲覧
17 合同会社の特徴に関する記述として最も適切なものはどれか。 閲覧
18 会社分割(吸収分割を前提とする)と事業譲渡の相違に関する記述として最も適切なものはどれか。 ... 閲覧