過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITサービスマネージャ 平成25年度(2013)秋期

申込者数

6,029人

受験者数

4,037人

合格者数

494人

合格率(合格者/受験者)

12%
問題番号 問題文
1 ITILのサービスストラテジ段階で管理するサービスポートフォリオの構成要素のうち、サービスパイプラインに収録されるサービスはどれか。 ...
2 JIS Q 20000-1の関係プロセスの規定における、供給者、サービス提供者及び顧客の3者の関係のうち、適切なものはどれか。 ...
3 ITサービスマネジメントのプロセスの一つである構成管理を導入することによって得られるメリットはどれか。 ...
4 オンラインシステムの性能監視における注意事項のうち、適切なものはどれか。 ...
5 レプリケーションが有効な対策となるものはどれか。
6 システムが障害によって停止したときに行う、システム再開の方法の一つであるウォームスタートの説明はどれか。 ...
7 ITILによれば、インシデントの階層的エスカレーションに該当するものはどれか。 ...
8 ITILのインシデント管理の方針において、インシデントモデルを定義しておくことによって得られるメリットはどれか。 ...
9 ITILのITサービス継続性管理の達成目標に関する説明として、適切なものはどれか。 ...
10 ITILによれば、既存及び新規の全てのサービスに対してビジネスインパクト分析を行うことを役割とするマネージャはどれか。 ...
11 ITサービスマネジメントにおけるサービスレベル管理プロセスの活動はどれか。 ...
12 JIS Q 20000-1におけるサービス継続及び可用性管理プロセスで行う活動はどれか。 ...
13 サービス提供時間帯が毎日6~20時のシステムにおいて、ある月の停止時間、修復時間及びシステムメンテナンス時間は次のとおりであった。このとき、この月の可用性は何%か。ここで、1か月の稼働日数は30日、可 ...
14 ITILにおいて、可用性管理のリアクティブな活動で用いる技法はどれか。
15 ITサービスマネジメントの情報セキュリティ管理プロセスに対して、JIS Q 20000-1が要求している事項はどれか。 ...
16 システムの本番移行に支障を来すリスクに対するコントロールを監査するチェックポイントはどれか。 ...
17 工程別の生産性が次のとおりのとき、全体の生産性を表す式はどれか。 (工程別の生産性) 設計工程:Xステップ/人月 製造工程:Yステップ/人月 試験工程:Zステップ/人月 ...
18 システムを開発するときの進捗管理と費用管理を同時に行うために、トレンドチャートを用いる。マイルストーンの予定の位置から実績の位置に結んだ矢印が垂直に下に向かっているときの進捗と費用に関する状況説明のう ...
19 期間10日のプロジェクトを5日目の終了時にアーンドバリュー分析したところ、表のとおりであった。現在のコスト効率が今後も続く場合、完成時総コスト見積り(EAC)は何万円か。管理項目金額(万円)完成時総予 ...
20 プロセッサの省電力技術の一つであるパワーゲーティングの説明として、適切なものはどれか。 ...
21 ソフトウェアの安全対策の考え方のうち、アフォーダンスに関する記述はどれか。 ...
22 関係データベースのビューに関する記述のうち、適切なものはどれか。
23 磁気ディスク装置や磁気テープ装置などのストレージ(補助記憶装置)を、通常のLANとは別の高速な専用ネットワークで構成する方式はどれか。 ...
24 ISO 22301:2012が要求事項を規定している対象はどれか。
25 派遣労働者の受入れに関する記述のうち、派遣先責任者の役割、立場として、適切なものはどれか。 ...