過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITストラテジスト 平成27年度(2015)秋期

申込者数

8,236人

受験者数

4,487人

合格者数

656人

合格率(合格者/受験者)

15%
問題番号 問題文
1 IT投資マネジメントを、プロジェクト単位での最適化を目的とする個別プロジェクトマネジメントと企業レベルの最適化を目的とする戦略マネジメントの二つに分類した場合、戦略マネジメントでの実施項目はどれか。 ...
2 TCOの算定に当たって、適切なものはどれか。
3 物流業務において、10%の物流コストの削減の目標を立てて、図のような業務プロセスの改善活動を実施している。図中のcに相当する活動はどれか。 ...
4 共通フレームによれば、システム化計画の立案において、システム化機能を整理し、情報と処理の流れを明確にするために実施する作業はどれか。 ...
5 IT投資案件Xの5年間の投資効果をNPVで評価する場合の算出式はどれか。
6 アンゾフの成長マトリクスを説明したものはどれか。
7 バリューチェーンは、付加価値を生み出す事業活動を五つの主活動と四つの支援活動に分類する。支援活動に該当するものはどれか。 ...
8 観測データを類似性によって集団や群に分類し、その特徴となる要因を分析する手法はどれか。 ...
9 消費者市場のセグメンテーション変数のうち、心理的変数はどれか。
10 バイラルマーケティングを説明したものはどれか。
11 マーケットバスケット分析を説明したものはどれか。
12 一人の顧客に関する顧客生涯価値の見積りで留意すべきことはどれか。
13 企業が実施するマクロ環境分析のうち、PEST分析によって戦略を策定している事例はどれか。 ...
14 知識創造プロセス(SECIモデル)において、表出化に該当するものはどれか。 ...
15 企業と大学の共同研究に関する記述として、適切なものはどれか。
16 ebXMLを説明したものはどれか。
17 インターネットにおける広告形態のうち、インプレッション保証型広告の説明はどれか。 ...
18 e-ビジネス分野で提唱されているロングテールの考え方を説明したものはどれか。 ...
19 リーダシップを"タスク志向"と"人間関係志向"の強弱で四つの型に分類し、部下の成熟度によって、有効なリーダシップの型が変化するとしたものはどれか。 ...
20 A社とB社の比較表から分かる、A社の特徴はどれか。
21 EVA(経済的付加価値)の算出方法を説明したものはどれか。
22 我が国における、連結の対象となる子会社の範囲を決定する基準はどれか。 ...
23 国税関係帳簿を磁気媒体で保存する場合、法律で規定されているものはどれか。 ...
24 JIS Q 22301:2013が要求事項を規定している対象はどれか。
25 メールサーバ(SMTP)の不正利用を防止するために、メールサーバにおいて行う設定はどれか。 ...