過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITストラテジスト 平成22年度(2010)秋期

申込者数

6,663人

受験者数

5,413人

合格者数

755人

合格率(合格者/受験者)

14%
問題番号 問題文
1 情報システムの全体計画立案時に業務をモデル化する目的はどれか。
2 ”システム管理基準”によれば、”全体最適化”に含まれる作業はどれか。 ...
3 物流業務において、10%の物流コストの削減の目標を立てて、図のような業務プロセスの改善活動を実施している。図中のbに相当する活動はどれか。 ...
4 共通フレーム2007によれば、企画プロセスのシステム化計画の立案において定義するものはどれか。 ...
5 情報システムの全体計画立案のためにE-Rモデルを用いて全社のデータモデルを作成する手順はどれか。 ...
6 IT投資案件Xにおいて、投資効果をNPVで評価する場合の算出式はどれか。 ...
7 アンゾフの成長マトリクスを説明したものはどれか。
8 バリューチェーンは、付加価値を生み出す事業活動を五つの主活動と四つの支援活動に分類する。支援活動に該当するものはどれか。 ...
9 事業戦略のうち、収穫戦略に該当するものはどれか。
10 マーケットバスケット分析を説明したものはどれか。
11 市場で競合する二つの銘柄A、B間の推移確率行列は、表のとおりである。例えば、今回Aを購入した人が次回にBを購入する確率は、20%である。AとBの市場シェアが、それぞれ50%であるとき、全員が2回購入し ...
12 計画的陳腐化を説明したものはどれか。
13 ワントゥマンマーケティングを説明したものはどれか。
14 SFAを説明したものはどれか。
15 コールセンタシステムにおけるIVRを説明したものはどれか。
16 知識創造プロセス(SECIモデル)において、表出化に該当するものはどれか。 ...
17 TLO(Technology Licensing Organization)法に基づき、承認又は認定された事業者の役割として、適切なものはどれか。 ...
18 3PL(3rd Party Logistgics)を説明したものはどれか。
19 TOC(Theory of Constraints)の特徴はどれか。
20 図は、製品Aの構成部品を示している。この製品Aを10個生産する場合、部品Cの手配数量は何個になるか。ここで、括弧内の数字は上位部品1個当たりの所要数量であり、部品Cの在庫は5個とする。 ...
21 SRI(Socially Responsible Investment)を説明したものはどれか。
22 システム運用中に発生している各種トラブルの減少を図るための対策を立案している。トラブルを誘発する要因ごとに改善可能な課題がある。同じ時間やコストを掛けるなら、要因を層別し、より重要なものから手掛けてい ...
23 ある外注部品が不良品である確率は0.1であり、受入れ後の費用は、良品には掛からないが、不良品には1個につき2,000円掛かる。そこで、検査機を導入して全部品を受入検査することにした。部品1個の検査費が ...
24 合格となるべきロットが、抜取検査で誤って不合格となる確率のことを何というか。 ...
25 次の三つの条件を満たす契約はどれか。・役務を提供する側には、仕事を完成して引き渡す責任はない。・作業のために必要な労働に対する指揮命令は役務を提供する側で行う。・労働条件は役務を提供する側で定められる ...