過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITストラテジスト 平成21年度(2009)秋期

受験者数

5,514人

合格者数

754人

合格率

14%
問題番号 問題文 問題閲覧
1 業務のあるべき姿を表す論理モデルを説明したものはどれか。 閲覧
2 BPOを説明したものはどれか。 閲覧
3 マイケルハマーの提唱するリエンジニアリングの特徴はどれか。 閲覧
4 BI(Business Intelligence)を説明したものはどれか。 閲覧
5 情報システムのアウトソーシングを説明したものはどれか。 閲覧
6 共通フレーム2007によれば、システム化計画の立案よりも後のプロセスで実施するものはどれか。 ... 閲覧
7 共通フレーム2007によれば、企画プロセスアクティビティはどれか。 閲覧
8 システムの機能要件を定義する上で、前提となる要件定義作業はどれか。 閲覧
9 特定顧客、特定製品のセグメントに資源を集中し、専門化を図る戦略はどれか。 ... 閲覧
10 企業戦略におけるマネジメントバイアウト(MBO)に該当する行為はどれか。 ... 閲覧
11 売り手側でのマーケティング要素4Pは、買い手側での要素4Cに対応するという考え方がある。4Pの一つであるプロモーションに対応する4Cの構成要素はどれか。 ... 閲覧
12 大量生産・大量販売のメリットを生かしつつ、きめ細かな仕様・機能の取込みなどによって、個々の顧客の好みに応じられる製品やサービスを提供しようとするものはどれか。 ... 閲覧
13 ある顧客層の今後3年間を通しての、年間顧客維持率が40%、1人当たりの年平均売上高が200万円、売上高コスト比率が50%と想定される場合、今後3年間のLTV(顧客1人当たりの生涯価値)は何万円か。ここ ... 閲覧
14 営業部門で設定するKPI(Key Performance Indicator)とKGI(Key Goal Indicator)の適切な組合せはどれか。 ... 閲覧
15 バランススコアカードにおける業績評価指標のうち、”学習と成長の視点”に分類されるものはどれか。 ... 閲覧
16 ファイブフォース分析において、企業の競争力に影響を与える五つの要因として、新規参入者の脅威、バイヤの交渉力、競争業者間の敵対関係、代替製品の脅威と、もう一つはどれか。 ... 閲覧
17 商品や資材の調達から製品の生産、流通、販売までの、企業間を含めたモノの流れを適切に計画・管理し、最適化して、リードタイムの短縮、在庫コストや流通コストの削減などを実現しようとする考え方はどれか。 ... 閲覧
18 ナレッジマネジメントのプロセスモデルであるSECIモデルにおいて、Iに入るものはどれか。 ... 閲覧
19 日本の技術経営における課題のうち、”死の谷”を説明したものはどれか。 ... 閲覧
20 ある会社の生産計画部では、毎月25日に次の手続で翌月の計画生産量を決定している。8月分の計画生産量を求める式はどれか。[手続き](1)当月末の予想在庫を、前月末の実在庫量と当月の計画生産量と予想販売量 ... 閲覧
21 e-ビジネス分野で提唱されているロングテールの考え方を説明したものはどれか。 ... 閲覧
22 コーポレートガバナンスを説明したものはどれか。 閲覧
23 製造工程で部品の寸法を測定し、x管理図で品質を管理している。(1)~(4)の社内標準によって、管理図中の点を異常と判定する場合、図に示したx管理図で異常と判定すべき点は何個あるか。ここで、管理限界線近 ... 閲覧
24 EVA(経済付加価値)の算出方法を説明したものはどれか。 閲覧
25 パブリックドメインソフトウェアとするための条件はどれか。 閲覧