過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITストラテジスト 平成29年度(2018) 秋期

申込者数

6,984人

受験者数

4,747人

合格者数

700人

合格率(合格者/受験者)

15%
問題番号 問題文
1 共通フレーム 2013 によれば, システム化構想の立案プロセスで実施するタスクはどれか。 ...
2 BCP策定に際して,目標復旧時間となるものはどれか。
3 システム管理基準(平成 16 年)によれば, 情報戦略における全体最適化計画の策定で実施することはどれか。 ...
4 IT 投資効果の評価に用いられる手法のうち, ROI によるものはどれか。
5 アンゾフの成長マトリクスを説明したものはどれか。
6 バリューチェーンでは,付加価値を生み出す事業活動を,五つの主活動と四つの支援活動に分類している。支援活動に該当するものはどれか。 ...
7 ファイブフォース分析は,業界構造を、業界内で競争が激化する五つの要因を用いて図のように説明している。図中のaに入る要因はどれか。 ...
8 投資効果を正味現在価値法で評価するとき,最も投資効果が大きい(又は損失が小さい)シナリオはどれか。ここで,期間は3年間, 割引率は5%とし,各シナリオのキャッシュフローは表のとおりとする。 ...
9 コーズリレーテッドマーケティングの特徴はどれか。
10 人から人へと評判が拡散すること を積極的に利用することが特徴的なマーケティング手法はどれか。 ...
11 売り手側でのマーケティング要素 4P は, 買い手側での要素 4C に対応するという考え方がある。4P の一つであるプロモーションに対応する 4C の構成要素はどれか。 ...
12 ペネトレーション価格戦略の説明はどれか。
13 需要の価格弾力性を説明したものはどれか。
14 企業が実施するマクロ環境分析のうち, PEST 分析によって戦略を策定している事例はどれか。 ...
15 プロダクトイノベーションの例として,適切なものはどれか。
16 インターネットにおける広告形態のうち, インプレッション保証型広告の説明はどれか。 ...
17 フリーミアムの特徴はどれか。
18 インターネット広告の効果指標として用いられるコンバージョン率の説明はどれか。 ...
19 ハーシィ及びブランチャードが提唱する SL理論の説明はどれか。
20 製品 X, Yを1台製造するのに必要な部品数は、表のとおりである。製品1台当 たりの利益が X, Y ともに1万円のとき,利益は最大何万円になるか。ここで,部品 A は 120 個, 部品Bは 60 ...
21 利用者とシステム運用担当者によるブレーンストーミングを行って,利用者の操作に起因する PC でのトラブルについて,主要なトラブルごとに原因となったと思 われる操作,利用状況などを拾い上げた。トラブル対 ...
22 期末の決算において,表の損益計算資料が得られた。当期の営業利益は何百万円か。 ...
23 国税関係帳簿を磁気媒体で保存する場合,法律で規定されているものはどれか。 ...
24 Man-in-the-Browser 攻撃に該当するものはどれか。
25 ディジタル証明書が失効しているかどうかをオンラインでリアルタイムに確認するためのプロトコルはどれか。 ...