過去問 一覧 | 中小企業診断士 企業経営理論 平成29年度(2017) 試験

問題番号 問題文
1 多角化した企業のドメインと事業ポートフォリオの決定に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
2 プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
3 企業の経営資源に基づく競争優位性を考察するVRIOフレームワークに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
4 日本企業は戦略的にM&Aを活用するようになっているが、M&Aよりも戦略的提携を選択する企業も多い。M&Aには、契約成立前の準備段階と交渉段階、成立後の統合段階でのさまざまな留意点がある。 日本企業のM ...
5 日本企業には、社内分社化であるカンパニー制や持株会社を導入して戦略性を一層高めようとした企業が見られる。カンパニー制と持株会社に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
6 オーナー社長が経営する企業の事業承継の方法としてMBO(managementbuy-out)がある。MBOに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
7 企業の競争戦略と持続的な競争優位に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
8 規模の経済は、モノづくりをする企業にとって重要である。規模の経済を説明する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
9 成長をめざす中小企業にとって外部資金の獲得は欠かせない。中小企業への資金提供に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
10 企業では、新製品開発や新規事業などのプロジェクトが円滑に進むように、さまざまな方法を用いて進捗管理を行っている。そのような進捗管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
11 製品のイノベーションを起こすには、企業の内外の知識や情報を動員し、それを有効に活用することが重要である。イノベーションのタイプと知識の関係に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
12 自然災害や大事故などの突発的な不測の事態の発生に対応することは、企業にとって戦略的な経営課題であり、停滞のない企業活動の継続は企業の社会的責任の一環をなしている。そのような事態への対応に関する記述とし ...
13 世界的に展開する企業にとって、本国親会社と海外子会社との関係は重要となる。グローバルな統合の必要性と現地市場への適応の必要性を軸にした多国籍企業の戦略に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
14 組織構造のデザインに関する記述として、最も適切なものはどれか。
15 組織における一連の活動プロセスを制御するコントロール・システムのデザインに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
16 モチベーション理論に関する記述として、最も適切なものはどれか。
17 個人が特定の組織に継続して参加する現象を説明する概念として、組織コミットメントが知られている。組織コミットメントが高まる理由として、最も不適切なものはどれか。 ...
18 働き方の多様化とともに、個人にとっての働く意味や価値を問うキャリア概念の重要性が増している。D.スーパーらによるキャリアに関する命題として、最も不適切なものはどれか。 ...
19 組織メンバーに共有された価値観や信念など、目に見えない基本的仮定に対処するためには、具体的な組織文化の類型についての知識が必要となる。組織文化の特徴と管理者に求められるリーダーシップに関する記述として ...
20 組織的知識創造プロセスとして、野中郁次郎が提唱するSECIモデルに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
21 組織を取り巻く環境の変化が激しくなるにつれて、絶えざる組織変革が求められる一方で、組織アイデンティティの重要性が認識されてきている。組織アイデンティティに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
22 組織の計画的変革にはさまざまな手法があるが、その多くの背後にはK.レヴィン(Lewin)らが主張した、解凍一変化一再凍結モデルがある。この計画的変革モデルに関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
23  契約社員やパートタイマー、派遣労働者、請負労働者など、正社員以外で組織に雇用される労働者は、広く非正社員と呼ばれてきたが、近年は定型的・補助的な職務にとどまらず、正社員と同じ責任を持って職務に従事す ...
24 労働契約の締結に際しての労働基準法に基づく労働条件の明示義務に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
25 解雇に関する記述として、最も適切なものはどれか。
26 労働基準法に基づく賃金の支払いに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
27 労働基準法に定める変形労働時間制および裁量労働制に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
28 マーケティングにおける価格に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
29 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。 高性能オーディオ製品を生産しているメーカーA社は、B地区にそれぞれ店舗を構える小売業のX社とY社に卸売を行っている。かつてはX社とY社の小売店舗はともに、丁寧な ...
30 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。 マーケターがその活動の場として選択する市場は、①ターゲット・マーケット・セグメントあるいは対象市場、標的市場などと呼ばれる。どのような市場セグメントをターゲット ...
31 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。 長年にわたり、羽毛布団の製造小売を行ってきたY社は、近年、拡大を続ける全国チェーンのインテリア専門店に羽毛布団の顧客を奪われてしまったため、新社長のP氏は羽毛を ...
32 次の文章は、マーケティングにおける競争の次元について例を示したものである。文中の空欄A~Cに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。 缶コーヒーの製品カテゴリーでは、毎年、多 ...
33 消費者の購買意思決定に関する記述として、最も適切なものはどれか。
34 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。 今日の消費者は、マーケティング情報に対して知覚的過重負担に陥っている。コストに見合ったコミュニケーション効果を消費者から引き出すために、企業の担当者は、次の点に ...
35 他者や他者集団が消費者行動に与える影響に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
36 製品やサービスに関する記述として、最も適切なものはどれか。