過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITサービスマネージャ 平成27年度(2015)秋期

受験者数

3,858人

合格者数

511人

合格率

13%
問題番号 問題文 問題閲覧
1 ITILでは、リスクを管理する際のフレームワークの一つとして、Risk ITフレームワークを取り上げている。Risk ITフレームワークの説明はどれか。 ... 閲覧
2 ITILによれば、サービスポートフォリオの構成要素のうち、サービスバイプラインに収録されるサービスはどれか。 ... 閲覧
3 次の図は、ITILのサービスライフサイクルの各段階の説明と流れである。a〜dの段階名の適切な組合せはどれか。 ... 閲覧
4 システムの改善に向けて提出された4案について、評価項目を設定して採点した結果を、採点結果表に示す。効果及びリスクについては5段階評価とし、それぞれの評価項目の重要度に応じて、重み付け表に示すとおりの重 ... 閲覧
5 ITILのインシデント管理において、インシデントモデルを定義しておくことによって得られるメリットはどれか。 ... 閲覧
6 ITサービスマネジメントのキャパシティ管理における三つの重点分野に対応する管理指標の組合せのうち、適切なものはどれか。 ... 閲覧
7 新システムの開発を計画している。このシステムの総所有費用(TCO)は何千円か。ここで、このシステムは開発した後、3年間使用するものとする。 ... 閲覧
8 ITサービスマネジメントにおいて、サービス提供者が内部グループと取り交わす合意はどれか。 ... 閲覧
9 サービス提供時間帯が毎日6〜20時のシステムにおいて、ある月の停止時間、修復時間及びシステムメンテナンス時間は次のとおりであった。このとき、この月の可用性は何%か。ここで、1か月の稼働日数は30日、可 ... 閲覧
10 JIS Q 20000-1におけるサービス継続及び可用性管理プロセスで行う活動はどれか。 ... 閲覧
11 ITサービスマネジメントにおけるインシデントの段階的取扱い(エスカレーション)の種類のうち、階層的な取扱いに該当するものはどれか。 ... 閲覧
12 JIS Q 20000-1の関係プロセスの規定における、供給者、サービス提供者及び顧客の3者の関係のうち、適切なものはどれか。 ... 閲覧
13 システム障害が発生したときにシステムを初期状態に戻して再開する方法であり、更新前コピー又は更新後コピーの前処理を伴わないシステム開始のことで、初期プログラムロードとも呼ばれるものはどれか。 ... 閲覧
14 データの追加・変更・削除が、少ないながらも一定の頻度で行われるデータベースがある。このデータベースのフルバックアップを磁気テープに取得する時間間隔を今までの2倍にした。このとき、データベースのバックア ... 閲覧
15 システムの本番移行に支障を来すリスクに対するコントロールを監査するチェックポイントはどれか。 ... 閲覧
16 プロジェクトZにおけるプロジェクトとステークホルダ各社の関係の組合せのうち、適切なものはどれか。ここで、関係の呼称は、PMBOKに従う。 [プロジェクトZの説明] 親会社A社のシステムを開発・保守 ... 閲覧
17 期間10日間のプロジェクトを、5日目の終了時にアーンドバリュー分析したところ、表のとおりであった。現在のコスト効率が今後も続く場合、完成時総コスト見積り(EAC)は何万円か。 ... 閲覧
18 プロジェクトのスケジュールを管理するときに使用する"クリティカルチェーン法"の特徴はどれか。 ... 閲覧
19 SVC (SuperVisor Call) 割込みが発生する要因として、適切なものはどれか。 閲覧
20 システムの信頼性評価項目であるRASISのうち、Integrity(完全性)を高める方法を説明したものはどれか。 ... 閲覧
21 OLAPによって、商品の販売状況分析を商品軸、販売チャネル軸、時間軸、顧客タイプ軸で行う。データ集計の観点を、商品、販売チャネルごとから、商品、顧客タイプごとに切り替える操作はどれか。 ... 閲覧
22 TCP/IPネットワークで使用されるARPの説明として、適切なものはどれか。 閲覧
23 JIS Q 27000において、"エンティティは、それが主張するとおりのものであるという特性"と定義されているものはどれか。 ... 閲覧
24 JIS Q 22301:2013(事業継続マネジメント・システム - 要求事項)において、"製品・サービスを提供しない、又は事業活動を行わない結果として生じる可能性のある悪影響が、許容不能な状態になる ... 閲覧
25 シュリンクラップ契約において、ソフトウェアの使用許諾契約が成立するのはどの時点か。 ... 閲覧