過去問 一覧 | 中小企業診断士 経営法務 平成29年度(2017) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 株式の併合又は株式の分割に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
2 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社(以下「X社」という。)の代表取締役甲氏との間で行われたものである。甲氏は、X社の発行済株式の全てを保有している。会話の中の空欄A〜Cに入る記述の組 ... 閲覧
3 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたと、上場を目指しているベンチャー企業であるX株式会社(以下「X社」という。)の代表取締役甲氏との間で行われたものである。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。な ... 閲覧
4 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたと、新株発行による資金調達を行おうとしているX株式会社の代表取締役甲氏との間で行われたものである。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。甲氏:「新株発行により3 ... 閲覧
5 中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律に定められた遺留分に関する民法の特例に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
6 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社の代表取締役甲氏との間で行われたものである。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。甲氏:「ある会社が有している知的財産権、具体的には、特許権、特許を ... 閲覧
7 産業財産権の存続期間に関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
8 損害賠償請求を行う際に、請求者が侵害者の過失を立証しなくてもそれが推定される行為又は権利として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
9 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社の代表取締役甲氏との間で行われたものである。会話の中の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。あなた:「意匠制 ... 閲覧
10 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社の代表取締役甲氏との間で行われたものである。会話の中の空欄に入る語句として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。甲氏:「立体商標というものがあると ... 閲覧
11 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社の代表取締役甲氏との間で行われたものである。会話の中の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。甲氏:「漫画家の ... 閲覧
12 自然人である小説の著作者が1970年6月1日に死亡していた場合、その著作権の保護期間の満了日として、最も適切なものはどれか。ただし、旧著作権法の適用及び戦時加算は考慮しないものとする。 ... 閲覧
13 不正競争に関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
14 行為能力に関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
15 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社の代表取締役甲氏との間で行われたものである。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。甲氏:「α国に本社のあるβ会社との間で、当社で製造している機械を継 ... 閲覧
16 A株式会社(以下「A社」という。)とB株式会社(以下「B社」という。)との間の民事留置権又は商事留置権に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
17 消滅時効に関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
18 製造物責任に関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
19 消費者契約法に関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
20 不当景品類及び不当表示防止法(以下「景品表示法」という。)に基づいて課される課徴金に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
21 下表は、日本取引所グループが上場市場の種類ごとに上場審査基準をまとめた表の一部を抜粋したものである。空欄A〜Cに入る数値の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、表中の「−」とは ... 閲覧