過去問 一覧 | 中小企業診断士 運営管理 平成24年度(2012) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 生産管理における作業時間に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
2 生産における管理目標(PQCDSME)に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
3 工場計画に関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
4 信頼性設計におけるフェイルセーフに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
5 生産活動におけるコンピュータ支援技術に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
6 産業用ロボットのアクチュエータに関する記述として、最も適切なものはどれか。なお、ここでアクチュエータとは、ロボットの動力を発生させる機構であり、電気、油圧、空気圧エネルギーなどが利用される。 ... 閲覧
7 生産の管理方法の1つであるオーダエントリー方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
8 物の流れの分析手法に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 閲覧
9 生産される製品の種類と量により、基本的なレイアウトのタイプは、一般に、製品固定型、製品別、グループ別、工程別の4つに分類される。レイアウトのタイプと生産される製品の種類・量との組み合わせにいて、最も関 ... 閲覧
10 発注方式における発注点と発注量の決定に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
11 ある販売店では、翌日に繰り越すことのできない商品を、日々、仕入れて販売している。商品の日々の需要量は、過去の実績から、平均が3個で、その発生確率は下表で与えられることが知られている。需要量が仕入量を超 ... 閲覧
12 管理図の用途に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 閲覧
13 過去の需要量の時系列データを用いる需要予測法に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
14 受注したジョブは、7つの作業要素A〜Gをもっている。各要素の作業時間と作業要素間の先行関係が下表に与えられている。このジョブの最短処理時間に最も近いものを下記の解答群から選べ。作業要素作業時間先行作業 ... 閲覧
15 以下は、演繹的な生産システムの設計法の1つである「ワークデザイン」の最初から5番目までの分析手順を示したものである。空欄A〜Cにあてはまる記述の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。 ... 閲覧
16 連合作業分析に関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
17 初期導入された設備を300時間利用したときの稼働および故障修復について、下図のような調査結果が得られた。この設備の①MTBF(平均故障間隔)、②MTTR(平均修復時間)、③アベイラビリティ(可用率)の ... 閲覧
18 設備投資額として2,000万円の初期投資を行うと、その後5年間にわたって毎年末に450万円の人件費の節減効果が期待できる設備投資案の内部収益率は約4%と計算される。この投資案の正味現在価値(円)と金利 ... 閲覧
19 仕事を改善するための基本原則である「ECRSの原則」が適用できる分析手法として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
20 「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
21 労働災害におけるハインリッヒの法則に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
22 大規模小売店舗立地法は、大規模小売店舗の設置者に対し、特に周辺地域の生活環境の保持のため、その施設の配置および運営方法について合理的な範囲で配慮を求めている。大規模小売店舗を設置する者が配慮すべき事項 ... 閲覧
23 中心市街地活性化法が定めた中心市街地の要件として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。a相当数の小売商業者が集積し、都市機能が相当程度集積している市街地であり、その存在している市町村の中心としての役 ... 閲覧
24 消防法より、大規模な小売店舗が義務付けられている防火管理として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
25 日本のショッピンセンターの現況に関して、次の文中の空欄A~Dに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。なお、解答群のうち、「周辺地域」とは「中心地域に隣接した都市機能が適度に存在する地域 ... 閲覧
26 ある小売店では、年間売上高2,900万円、期首在庫高(原価)800万円、期中仕入高1,600万円、期末在庫高(原価)700万円であった。この店のGMROIとして最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
27 ある小売店舗は3つの部門から構成されている。A部門の粗利益率は25%で売上高構成比は40%、B部門の粗利益率は30%で売上高構成比は40%、C部門の粗利益率は35%で売上高構成比は20%である。この店 ... 閲覧
28 インストアプロモーション(ISP)には価格主導型ISPと非価格主導型ISPがある。価格主導型ISPとして最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。aクロスマーチャンダイジングbサンプリングc増 ... 閲覧
29 商品陳列方法とそのメリットに関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
30 フランチャイズ・チェーンに関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
31 棚割(プラノグラム)の目的に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
32 日本の物流センターに関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
33 サプライチェーンにおけるブルウィップ効果に関する記述として最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
34 RFIDを活用することにより、サプライチェーンにとって期待できることとして、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
35 トレーサビリティに関する記述として最も適切なものはどれか。 閲覧
36 流通における発注方式のうち、定期発注方式と定量発注方式に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
37 物流コストの分析手法である物流ABCに関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
38 国土交通省は、モーダルシフト等推進事業に関して補助金等により事業者を支援している。モーダルシフトに関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
39 消化仕入(あるいは売上仕入)についてのシステム化計画に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
40 商品の販売データの分析に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
41 下表は、A~Dの4種類のキーワードで検索エンジン広告を利用したときの状況を表している。このとき、広告効果の評価指標の1つであるCVR(ConversionRate) が最も高いキーワードを下記の解答群 ... 閲覧
42 近年、情報通信技術の発達や利用者ニーズの多様化などにより、資金決済システムを巡る環境は大きく変化してきている。そのような変化に対応するために、資金決済に関する法律(資金決済法)が制定され、平成22年4 ... 閲覧
43 物流情報システムの用語に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。 aPOSデータから消費者が購入した分だけ補充するシステムをVMIという。 b国内統一物流EDI標準の1つに ... 閲覧