過去問 一覧 | 中小企業診断士 経営法務 平成27年度(2015) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 以下の者のうち、X株式会社において、社外取締役の要件を満たさない者はどれか。なお、経過規定については考慮しないものとする。 ... 閲覧
2 自己株式の取得に関する以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社(以下「X社」という)の総務部門の担当者である甲氏との間で行われたものである。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。なお、X社 ... 閲覧
3 以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社(以下「X社」という。)の代表取締役甲氏との間で行われたものである。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。甲氏:「今度、当社で開発した新製品aの販売 ... 閲覧
4 一定の取引分野における競争を実質的に制限することになる、株式の取得、合併、吸収分割、共同株式移転、事業譲受けといった企業結合は、独占禁止法により禁止されている。この点、企業結合後のハーフィンダール・ハ ... 閲覧
5 中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律に定められた遺留分に関する民法の特例に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
6 以下の記述は、ある条約に関するものである。この内容を定める条約として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。1883年に成立したこの条約が適用される国は、工業所有権の保護のための同盟を形成する。各同盟 ... 閲覧
7 以下の文章は、著作権法の解説である。空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。作家Xが文芸作品を制作した場合、その作品の著作権は [A] の時に発生し、保護期間は、 ... 閲覧
8 商標制度に関する記述として最も適切なものはどれか。 閲覧
9 不正競争防止法に定める不正競争行為に該当しないものとして、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
10 中小企業診断士のあなたは、顧問先より以下の内容の質問を受けた。この質問に対する回答として、最も不適切なものを下記の解答群から選べ。当社に対してライバルのX社より、同社が5年前に登録した商標Bについて、 ... 閲覧
11 中小企業診断士のあなたと顧客の経営者X氏との以下の会話を読んで、下記の設問に答えよ。なお、実在するキャラクターや特産品を考慮する必要はない。X氏:「当社の本社はC県のAB市にあり、私は地元の経済団体の ... 閲覧
12 意匠登録制度に関する記述として最も適切なものはどれか。 閲覧
13 著作権の制限に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 閲覧
14 著作権及び著作者人格権に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
15 外国企業への生産委託に関する以下の文章の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。 国内の中小製造業者がアジア諸国等の現地企業に生産委託を行う場合、現地法人や現地工 ... 閲覧
16 日本企業と外国企業との間の共同研究開発契約書(Cooperative Research andDevelopment Agreement)において規定されている以下の条項を読んで、下記の設問に答えよ。 ... 閲覧
17 A株式会社(株券発行会社ではない。以下「A社」という。)は、その発行株式の全部について譲渡による取得に取締役会の承認を要する旨、定款で定めているが、A社が相続人に対してその取得したA社株式をA社に売り ... 閲覧
18 中小企業診断士であるあなたと、東京証券取引所が運営する新興市場に上場した顧客企業のIR担当執行役員甲氏との以下の会話を読んで、下記の設問に答えよ。あなた:「今月上場されたのですよね。おめでとうございま ... 閲覧
19 会社の社債に関する記述として最も適切なものはどれか。 閲覧