過去問 一覧 | 中小企業診断士 企業経営理論 平成25年度(2013) 試験

問題番号 問題文
1 経営計画の策定と実行について留意すべき点に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
2 プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
3 企業は収益を確保するべく、活動(オペレーション)の効率を高めようとする。オペレーション効率の特徴に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
4 他社と連携を考慮する企業にとって、企業としての独立性を維持し、企業間に緩やかで柔軟な結びつきをつくるには、戦略的提携が有効な戦略オプションのひとつである。戦略的提携に関する記述として、最も不適切なもの ...
5 A社は医療分野での先端的な製品開発を通じて社会に貢献するという理念の下で、現在の医療機器事業に加えて新薬開発の支援や再生医療の分野を包含した将来的なドメインの定義を企図している。企業ドメインと事業ドメ ...
6 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。①企業の価値連鎖の中の活動にどこまで携わるかによって、垂直統合の程度は異なる。垂直統合は、企業が経済的な取引を管理・統治する重要な方法であるが、企業によっては活用 ...
7 完成品メーカーと部品メーカーの取引関係に関する次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。①完成品メーカーと部品メーカーとの取引関係は、両社が属する業界の競争状況や為替相場などの影響を受けながら複雑に変化し ...
8 製品の設計が、部品間のインターフェイスが単純なモジュラー的な場合と、複雑で調整が必要な擦り合わせ的な場合とで、製品開発や技術開発の進め方が異なる。モジュラー的な製品開発や技術開発に関する記述として、最 ...
9 産業の空洞化が進行したり、国内市場が縮小したために、国内にとどまる中小企業は販売の低迷に直面する例が多くなっている。他方、拡大するアジアの市場を目指して海外進出する企業にも数々の問題が発生している。こ ...
10 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業が同族経営である場合、戦略的問題に関する意思決定は創業者と創業者一族が中心となり、外部の利害関係者の影響力は限定的であることが多い。老舗と呼ばれる中小企業 ...
11 企業組織を設計するには、市場環境の変化、技術革新の速度、生産システムや職務特性、部門間関係など様々な変数に配慮しなければならない。組織設計に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
12 組織の中では、個人個人の努力の総和より大きい業績を達成するために、しばしばチーム活動が利用される。チーム活動に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
13 期待理論に基づいたリーダーシップ行動を説明するものとして、最も適切なものはどれか。 ...
14 企業は成長することによって、複数の製品やサービスを提供する事業部など、専門化された複数の組織単位からなる複合組織になっていくことが知られている。複合組織となった企業が、環境変化に対して組織的に適応する ...
15 企業間取引関係は、それぞれの企業の渉外担当者(boundarypersonnel)の行動によって担われている。この渉外担当者の役割に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
16 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。 C社の研究開発部門で働く研究員は、公式に仕事として与えられた研究開発テーマ以外にも、自らの興味や関心に基づき、非公式に新しい研究開発テーマを探索していた。もちろ ...
17 国際化する企業間競争において競争優位を獲得・維持するには、コスト削減能力だけでなく、知識基盤の裏付けを持ったイノベーションの遂行能力が必要不可欠である。イノベーションそのものを組織学習プロセスとして考 ...
18 下図は、横軸に時間、縦軸に重要な革新の頻度をとり、製品革新と工程革新の観点から見た生産ユニット(productiveunit)の進化過程と生産性のジレンマを描いたものである。ドミナントデザインの確立ま ...
19 今日、雇用者である専門経営者や管理者が様々な理由で企業を支配するようになり、経営者の独走を制するためのガバナンスが求められるようになっている。専門経営者や管理者による企業の支配に関する記述として、最も ...
20 昭和63年の労働基準法の改正時に大幅な労働時間の弾力化が図られたが、その後、経済社会の発展に対応して、弾力的な労働時間制度が拡充されてきた。弾力的な労働時間制度に関する記述として、最も適切なものはどれ ...
21 労働基準法又は育児・介護休業法に定める休業に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
22 労働契約に関する記述として、最も適切なものはどれか。
23 賃金に関する基本用語の定義として、最も不適切なものはどれか。
24 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。企業は、その利益実現のための要素のひとつとして売上高の変化に関心を持つ。そして、売上高の変化にどのように戦略的に対応していくかを意思決定することが求められる。ここ ...
25 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。消費者の購買意思決定プロセスにおいては、特定の情報発信型消費者が他の消費者に対して強い影響力を持つことがある。このように情報源としてとくに重視される人々は [A] ...
26 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。清涼飲料水の中のあるカテゴリは、年間を通して様々な機会に私たちが楽しむ飲み物としてすっかり定着している。その生産量もこの10年あまりの期間に10倍以上にも増加した ...
27 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。ある金曜日の夕方、機械部品メーカーの2代目経営者のYさんは取引先とのミーティングを終えると足早に家電専門店チェーンの大型店舗に立ち寄った。この店舗は駅に隣接したシ ...
28 Z氏はラーメン店のチェーン経営を行う人物であり、現在フランチャイジングを用いた海外市場への進出を計画している。「フランチャイジング」に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
29 次の文中の空欄A~Dに入る語句の組合せとして最も適切なものを、下記の解答群から選べ。P氏はある酒屋の4代目として店を継ぐことになった。3代目からも聞いていたとおり、この店がある商店街は一昔前と比べると ...
30 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。T社は大手自動車メーカーのアルミ部品などを製造する中小サプライヤーである。近年、製品納入先である自動車メーカーの販売動向が様々な政治・経済・社会的要因によって相当 ...