過去問 一覧 | 中小企業診断士 企業経営理論 平成24年度(2012) 試験

問題番号 問題文
1 複数事業を営む企業における企業ドメインと事業ドメインならびに事業ポートフォリオの決定に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
2 企業の多角化に関する分析フレームワークについての記述として、最も適切なものはどれか。 ...
3 現代の企業において、経営資源の利用と蓄積は、経営戦略の策定と実行にとって重要である。経営資源は、通常、人的資源、物的資源、資金、情報的資源に区別される。情報的資源に関する記述として、最も不適切なものは ...
4 いかに早く競争力のある製品を開発し、市場に供給するか、という時間をめぐる競争はタイムベース競争と呼ばれている。そのような競争をめぐる問題点や考慮すべき点に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
5 差別化戦略は競争者に対抗するための基本的戦略の1つである。商品の属性と製品差別化に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
6 企業は自社の業界における相対的な地位を踏まえて競争戦略を展開することが重要である。そのような競争戦略に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
7 戦略事業単位とプロダクト・ポートフォリオ・マトリックスに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
8 社内ベンチャーは、新事業の創造のために組織化されてきた。社内ベンチャーに関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
9 アライアンスやアウトソーシングに関する次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。企業を取り巻く環境は、グローバル化や先端技術の開発の進展などに伴って、かつてない要因をはらみながら激しく変化している。このよ ...
10 企業の海外進出とその戦略対応に関する次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。アジアの途上国は次々に経済的に自立し、新興工業国としてめざましい発展を続けている国も少なくない。このようなアジアの経済成長に対 ...
11 グローバル化や技術イノベーションの進展は、サプライチェーンに新たな課題や可能性をもたらしている。このような状況下での中小企業をめぐるサプライチェーンの動向に関する記述として最も適切なものはどれか。 ...
12 企業組織の中では分業された職務を調整するために、多くの場面で標準化が行われる。組織における標準化に関する記述として最も適切なものはどれか。 ...
13 小集団におけるコミュニケーションネットワークとして、以下の3つの型を仮定する。これらのネットワークの型は、小集団における合意された意思決定への到達速度、伝達の正確さ、リーダーが出現する可能性、メンバー ...
14 組織が成立・存続していくためには、その協働体系が有効かつ能率的に機能する条件がある。この条件を明らかにした「組織均衡(organizationequilibrium)」の考え方には、5つの中心的公準が ...
15 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。組織におけるパワーは、目的達成の鍵となることが多い。パワー現象には本質的に持つ者と持たざる者の間に相互依存関係があり、使い方も異なる。パワーの行使は、組織内外の政 ...
16 組織ストレスに関する説明とその対処のための介入法として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。a 介入対象の組織の従業員が、努力・報酬・職場環境の評価に基づく介入が実行されていると認識する ...
17 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。経営資源アプローチの提唱者としてしばしば指摘されるエディス・ペンローズ(Edith Penrose)は、その主著『企業成長の理論』において企業を、経営資源の集合体 ...
18 現代のように様々な分野で知識創造が行われている社会では、すべての技術的知識を自社内で開発することは困難であり、企業のイノベーションプロセスには外部からの知識が不可欠になっている。この外部の知識を評価し ...
19 次のケースを読み、この工場で組織変革がうまくいかなかった理由または採るべきであった手法に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。「ある耐久消費財メーカーの経営者は、需要の変動に対応する ...
20 最低賃金法に定める最低賃金に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ...
21 海外出向(派遣)に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
22 配置転換、出向、転籍等の人事異動に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
23 募集・採用及び雇用に関する記述として、最も適切なものはどれか。
24 試用期間と解雇に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
25 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。マーケティングについての共通認識であるマーケティング・パラダイムは時代とともに変化している。1990年代には、それまでの [A] パラダイムに変わって、 [B] ...
26 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。関与と知識は消費者行動、とりわけ購買意思決定に大きな影響を及ぼす。たとえば、消費者が重視する情報源は、関与と知識の水準によって表のように異なっている。(設問1)文 ...
27 消費者行動に影響を及ぼす社会的要因のひとつである準拠集団に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
28 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。モチベーション・リサーチでは、消費者の消費行動の根底にある深層心理を探るため、様々な定性調査手法が用いられる。たとえば、①「ダイエットについて一般的な主婦はどう考 ...
29 カップ麺、レトルト食品、アイスクリームなどの容器を中心とするプラスチック製品の製造を行うA社では、レトルトタイプの画期的な食品容器の開発に成功した。この新製品は次のような特徴を有している。非常に気密性 ...
30 次の文章は、ブランドの機能について記述したものである。空欄A〜Dに入る語句の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。ブランドは製品やその販売者を識別する印として [A] の基礎となると同 ...
31 製品ライフサイクルの段階に対応した消費財のプロモーション戦略に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
32 需要の不確実性の増大を背景に、多くの製品の流通・マーケティングは投機型から延期型に移行している。延期型のマーケティング・システムの構築の手段として、最も不適切なものはどれか。 ...
33 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。2000年代に入ったころから、インターネットにおいて、ブログをはじめとする [A] が消費者の間で爆発的に普及した。 [A] は消費者間での情報のやり取りを促進し ...