過去問 一覧 | 中小企業診断士 企業経営理論 平成23年度(2011) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 ドメインは全社レベルと事業レベルに分けて考えられるが、ドメインの定義ならびに再定義に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
2 次のM&Aに関する文章を読んで、下記の設問に答えよ。わが国では以前は欧米に比べてM&Aが盛んに取り組まれたとは言い難かった。むしろわが国企業では、①M&Aよりも内部成長方式による多角化を用いることが多 ... 閲覧
3 企業の強みと弱みに関する分析フレームワークについての記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
4 企業は環境の競争要因を分析して適切な戦略行動をとろうとする。その際の環境分析について考慮すべき点の記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
5 企業の競争優位の源泉に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
6 中小企業ではニッチ市場に特化したり、特定の市場セグメントに自社の事業領域を絞り込んだりする集中戦略がとられることが多い。そのような集中戦略をとる企業の戦略対応として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
7 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。単一の事業を営む企業が多角化によって事業構造を変革し、持続的な成長を実現する行動は、「範囲の経済」の視点から説明できる。「範囲の経済」が存在すれば、企業が複数の事 ... 閲覧
8 完成品メーカーと部品供給メーカーとの企業間の取引には、常に競争と協調の両面が存在する。そのような企業間の取引で発生する事態についての記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
9 技術開発に必要な経営資源を「技術革新において中核となる技術上のノウハウ」とその「補完資産」とに分けて考えた場合、ハイテク・ベンチャー企業に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
10 ベンチャー企業と大学や研究機関が連携を図り、イノベーションに取り組む動きが多く見られるようになった。そのような状況や提携に際して考慮するべき問題点についての記述として最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
11 グローバル化の進展とともに日本企業が海外に工場を開設する動きが活発化している。しかし、海外進出は国際化に必要な経営資源が不足する中小企業にとっては容易ではない。そのため中小企業では商社に仲介を受けなが ... 閲覧
12 企業組織は、一般に分業と協業のシステムとして階層性という特徴を持っている。この組織編成に関する記述として最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
13 動機づけに関する概念モデルの1つに「職務特性モデル」がある。この概念モデルについての記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
14 日本企業において人事制度の見直しが進んでいる。事業構造の再構築のなかで、成果に応じて格差のある報酬配分を行うことのメリットとデメリットを調和させた導入が重要になる。これに関する記述として、最も不適切な ... 閲覧
15 優れた人材を採用し、定着率を高め、能力を高めるには、キャリア開発プログラムを充実させておく必要がある。キャリア開発プログラムに関する記述として最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
16 従業員の企業に対する帰属意識に関する概念に組織コミットメントがある。組織コミットメントとは、一般に組織と個人の心理的距離や関係を規定する概念である。組織コミットメントに関する記述として最も適切なものは ... 閲覧
17 不確実な状況変化のなか職場で良好な人間関係を築きながら、リーダーシップを発揮することが大きな課題となってきている。リーダー・メンバー交換(LMX)理論に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
18 企業経営者が、損失を隠す粉飾決算を行い、投資を呼び込むために株価をつり上げ、そのことが公表されて倒産するに至るという事件が起きることがある。このような場合、投資家、顧客、従業員、地域社会の他、利害関係 ... 閲覧
19 企業はその生存にとって必要な資源を、外部環境を構成する他の組織に依存しているために、そうしたステイクホルダーからのコントロールを受け入れる必要があるという「資源依存モデル」がある。資源依存モデルに関す ... 閲覧
20 次のケースを読み、あなたがA社のコンサルタントとして診断するとすれば、経営者への助言として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。「創業以来、個性的な開発者による小規模なプログラムの受注開発を請け負っ ... 閲覧
21 時間外・休日労働に関する労使協定(以下「三六協定」という。)に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
22 社外積立型退職金(年金)制度に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
23 安全衛生管理体制に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 閲覧
24 解雇(雇止めを含む。)に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
25 割増賃金の算定基礎賃金となる手当に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
26 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。近年、具体的な製品価格の決定に当たり、PSM(Price Sensitivity Measurement)調査という方法が利用されるようになっている。PSMの基本 ... 閲覧
27 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。多くの製品がコモディティ化している今日の成熟市場では、消費者にとって価値ある①ブランドを創造・提供することが重要である。顧客ベースのブランド・エクイティという概念 ... 閲覧
28 市場調査において一次データを収集するための調査方法に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
29 ある地方都市の小規模菓子メーカーA社(資本金3,000万円)は、クッキー、ビスケットを中心に安心、安全な菓子作りに取り組んできた。低カロリーのクッキーは同社の主力商品であるが、健康志向の高まりによって ... 閲覧
30 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。電通『2009年日本の広告費』によれば、日本の2009年の総広告費は2年連続で減少し、5兆9,222億円となった。特にマスコミ4媒体の広告費は5年連続の減少を記録 ... 閲覧
31 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。品揃えの中心が [A] であるスーパーマーケットでの購買行動の多くは [B] の [C] であるため、消費者が購買するブランドの決定にインストア・マーチャンダイジ ... 閲覧
32 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。ある地方の山間部の温泉地で旅館を経営しているB社は、当該温泉地を代表する老舗高級旅館で、高サービス・高価格を特徴としている。その主要な顧客層は比較的裕福な中高年層 ... 閲覧