過去問 一覧 | 中小企業診断士 企業経営理論 平成19年度(2007) 試験

問題番号 問題文
1 目標管理およびその技法や経営計画に関する説明として最も適切なものはどれか。 ...
2 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。企業は規模を拡大するにつれ、生産の効率化や事業領域の調整、資金繰りや設備投資などあらゆる事業活動を計画的に進めることが重要になる。長期経営計画はそのための代表的な ...
3 生産数量や費用構造の変動と競争状況に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
4 IT(情報技術)を利用した新規事業の成功事例が次々に生まれている。このような新規事業に関する説明として最も適切なものはどれか。 ...
5 製品のモジュール化や開発競争をめぐる問題点や戦略的な適応に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
6 企業の業績に影響を与える業界の環境や構造、そして戦略に関する説明として、最も不適切なものはどれか。 ...
7 近年、薄型テレビやデジタルカメラなどのエレクトロニクス分野では、技術開発力のある大企業ばかりでなく、中小企業も巻き込んで活発な技術開発や製品開発の競争がみられる。そのような動向に関する説明として、最も ...
8 近年、多くの産業で、技術革新の進展や顧客ニーズの変化のスピードアップにともなって、製品のライフサイクルが短縮化する傾向が見られる。これに対応すべく企業のイノベーション活動は活発化している。そのような戦 ...
9 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。日本企業が海外への直接進出を始めた1960年代から1970年代には、欧米の企業と異なる海外直接投資の特徴がみられた。現在ではそれらの特徴も薄らぎ、日本企業はグロー ...
10 発展している新興の産業分野を見ると、業界独特の機会が存在しており、それを活用することによって企業は他社を上回る業績をあげることができる。そのような業界の機会に関する説明として、最も不適切なものはどれか ...
11 市場の成長力を分析して自社製品を戦略的に位置づける場合の対応として、最も不適切なものはどれか。 ...
12 組織構造デザインのコンティンジェンシー理論によれば、組織は情報処理システムとしてみることができ、組織構造のデザインは、組織が直面する不確実性に応じて適切な組み合わせで設計する必要があるという。組織構造 ...
13 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。経営組織において①集団は、個人が直接帰属意識を感じる準拠枠を提供するとともに、社会的欲求を充足する基本的単位として重要な役割を果たしている。②集団圧力は参加者に同 ...
14 企業組織の境界の決定要因の一つに取引コスト(transactioncost)がある。取引コストと境界の決定に関する記述として最も適切なものはどれか。 ...
15 組織における個人のモチベーションに影響を与える内的要因として欲求理論がある。欲求理論に関する記述として最も適切なものはどれか。 ...
16 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。現代の企業は、必要な経営資源のすべてを自社内に所有することはほとんど不可能であり、企業の外部にある経営資源をコントロールする必要がある。そのために、①他の組織と望 ...
17 動機づけの過程理論と呼ばれるものには、目標設定理論(goal-settingtheory)や公平理論(equitytheory)、期待理論(expectancytheory)などがある。これらの理論に ...
18 企業組織を、組織それ自体の構造や管理・コントロールに責任を持つ「経営管理コア(administrativecore)」と、原材料等を製品やサービスに変換するビジネスプロセスに責任を負う「技術コア(te ...
19 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。A社は産業用中間財部品を生産する中規模の企業で、機能部門別組織構造を採用している。売上高・利益率ともに、2年連続して低下してきたため、コンサルタントに調査・分析を ...
20 個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律が施行されているが、この法律の中で「あっせん」制度が紛争解決の方法として活用されている。その「あっせん」の申請に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
21 労災保険で保護される通勤災害について、最も不適切なものはどれか。
22 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律は、事業主に定年の引き上げ、継続雇用制度の導入を義務付けているが、次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
23 時間外労働に関する労使間の協定(36協定)で定める労働時間の延長の限度に関する基準として、最も不適切なものはどれか(変形労働時間を除く)。 ...
24 変形労働時間制に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
25 消費財メーカーのA社は、先発メーカーとして新たな市場を創造するような新製品開発を行ってきている。A社は、こうした新製品に付けるブランド・ネームについて、消費者がこれに接したとき、今までに同様の製品がな ...
26 飲料メーカーB社は、高機能性の清涼飲料水の新製品を市場に導入する際に、流通チャネルにコンビニエンスストアだけを選択して、慣習価格よりも高い価格を設定した。このような方策を採用した理由として最も適切なも ...
27 マーケティングにおいては、消費者の購買そのものだけではなく、購買後の消費者の状況なども重要となってくる。これに関して、最も不適切なものはどれか。 ...
28 サービスの満足保証制度が販売促進策として有効に機能する場合に関する説明として、最も不適切なものはどれか。 ...
29 大多数の商品は、工場で生産されたときの姿のままでは流通することが困難であり、さまざまな包装が施される。包装に関して、最も不適切なものはどれか。 ...
30 航空会社は、搭乗距離によるフリークエント・フライヤーズ・プログラム(FFP)を取り入れている。それと類似の、購買金額によるポイント制度(たとえばフリークエント・ショッパーズ・プログラム)が小売業におい ...
31 新製品開発のプロセスにおいて、発売前に、新製品を実際に市場に導入してテストを行うことがある。このテストマーケティングに関して最も適切なものはどれか。 ...
32 消費者行動を規定する要素の一つとして、準拠集団がある。これに関連する記述として、最も不適切なものはどれか。 ...
33 生鮮食品においてもブランドを付けることが進みつつある。これに関して、最も不適切なものはどれか。 ...
34 有料で販売される印刷媒体に加えて、無料で配布される印刷媒体が多数発行されている。この無料印刷媒体に関して、最も不適切なものはどれか。 ...
35 日本の大手小売チェーンは卸売業者を活用して流通活動を展開していることが多い。これに関して、最も不適切なものはどれか。 ...
36 ある製品カテゴリーにおいて、市場開拓に最初に成功したブランドは競争優位を確保することができる。これに関して、最も不適切なものはどれか。 ...
37 産業需要家に向けて人的販売を行う場合の特徴として、最も不適切なものはどれか。 ...
38 インターネットを利用して広告を行う方法は、急速にその種類を増してきている。そのなかで、検索画面において、キーワードを入力すると、そのキーワードを事前に登録した企業等の広告がWeb画面上に掲出される方式 ...