過去問 一覧 | 中小企業診断士 企業経営理論 平成20年度(2008) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 経営計画を、策定する際にはさまざまな経営計画技法や管理技法が用いられる。そのような技法に関する説明として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
2 経営資源と企業の戦略に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
3 競争を通じて、同業者は似通った戦略をとるグループを形成することがある。このような現象や成立の理由に関する説明として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
4 企業の成長をめぐる戦略に関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
5 日本のベンチャー企業をめぐる動向に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
6 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。2007年度の①中国国内での自動車販売台数は日本を上回ったが、生産台数も急激に伸びており、数年のうちに1千万台に達するといわれている。日本の自動車メーカーは中国で ... 閲覧
7 技術イノベーションと戦略の関係に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
8 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。企業が設立される理由はさまざまであるが、①近年の会社法の施行や証券市場の整備によって創業やIPOが容易になったことも重要な要因である。しかし、制度が整備されたとは ... 閲覧
9 1990年代の日本経済は長期不況に見舞われ、しばしば失われた10年と呼ばれている。この間、経済はグローバル化し、企業は個々に戦略的対応を繰り広げてきている。このような失われた10年を説明するものとして ... 閲覧
10 競争優位の源泉を低コストと精密な加工技術に置く製造企業では、セル生産と呼ばれる新しい生産方式に切り換えて、一層の生産性改善に取り組む例がみられるようになった。このようなセル生産方式に関する説明として、 ... 閲覧
11 企業の規模や経営戦略、環境条件などさまざまな要因によって、組織が処理すべき情報の量や質が異なるため、それに応じて機能別部門組織(functionalorganization)、事業部制組織(divis ... 閲覧
12 組織における分業のデザインや職務設計に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
13 組織階層の高さを決める要因に「管理の幅(spanofcontrol)」がある。「管理の幅」に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
14 ある工場で次のような問題が発生した。「ある日の10時ごろに、従業員Kが機械で左手の指を2本けがした。Kは直ちに医務室に行って手当てを受け、10時30分には、指に包帯を巻いて持ち場に戻り仕事を再開した。 ... 閲覧
15 リーダーシップに関する記述として、最も適切なものはどれか。 閲覧
16 機能別部門組織をとるA社は、これまで不定期に新商品企画を行いながら、耐久消費財を生産するメーカーである。その新商品開発活動は、企画部門における商品コンセプト設計、研究所における製品機能設計と製品試作、 ... 閲覧
17 互いに激しい競争をしている複数の企業に対して、工場で使用されている生産設備の一部を納入している企業P社がある。P社の製品は、それぞれの工場のエンジニアたちによって微妙に修正が施されたり、P社の想定とは ... 閲覧
18 中小企業Q社は、2つの主要な部品XとYを組み合わせて商品を生産している。部品Xは汎用品で、インターフェイスは業界全体で標準化されている。一方、部品YはQ社の特注品で、大企業R社に依頼して生産してもらっ ... 閲覧
19 企業が長期に成長・発展していくためには、シングルループ学習とダブルループ学習を適切に切り替えて行っていく必要がある。このことに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
20 組織の個体群生態学(population ecology)モデルに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
21 近年の雇用形態や就業意識の多様化により、労働者ごとに労働条件の決定や変更が行われるケースが増えていることに伴い、個別労働関係紛争が増加している。これまでの個別労働関係紛争は労働基準法によって解決を図っ ... 閲覧
22 労働基準法では、常時10人以上の労働者を使用する場合は就業規則を作成し、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合はその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合は労働者の過半数を代表する者 ... 閲覧
23 労働者災害補償保険は、労働者の業務上または通勤途上の災害について、労働者を保護する観点から保険給付される制度である。しかし、中小企業の事業者や役員であっても労働者災害補償保険の適用が受けられる特別加入 ... 閲覧
24 企業経営の中で人材育成は不可欠の要件の1つである。その手法としての能力開発の体系や手法に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
25 厚生年金保険の保険給付には、老齢給付、障害給付および遺族給付がある。これらの保険給付に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
26 法定労働時間は、労働基準法により1週40時間(1日8時間)とされているが、常時10人未満の労働者を使用する商業、保健衛生業など一定の業種の事業場では、1週44時間(1日8時間)とする特別措置が講じられ ... 閲覧
27 宿泊者に応じた上質のサービスで知られるある旅館では、若女将が前面に立って従業員に教育を行っている。必ずしも旅館業界での経験があったわけではないが、他業界での経験なども生かして、経営に取り組んでいる。そ ... 閲覧
28 ある製品ラインを販売しているA社は、一部の顧客の支持を得ることができた。次いで、一層の市場浸透を狙って同一製品ラインの中でのアイテムを拡大することに成功してきた。同社は、さらなる業績の拡大を目指して、 ... 閲覧
29 女性がスパやエステティックサロンを選択する場合、口コミの利用が多く、広告なども活用されている。事前に客観的な評価がしにくいので、消費者はその選択に際して適切な情報を得にくいという状況にある。それは、欧 ... 閲覧
30 オリンピック、サッカーワールドカップ、野球など、スポーツとビジネスのかかわりは、従来よりもますます深くなってきている。そのような状況に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
31 プロモーション手段の1つであるポイント制度、スタンプ制度、マイレージ制度といったもの(以下、「ポイント制度」という。)は、多様な業種・業態において採用されている。さらには、インターネット上でも多数みる ... 閲覧
32 フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店)とから成るフランチャイズ・チェーン制度の特徴として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
33 価格設定の要因には、コスト、競争、需要がある。これらに基づく価格設定法に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
34 ブランドの資産価値を考えることとあわせて、顧客の資産としての価値(顧客資産)を考えることが増えてきている。そこでは、新規顧客の獲得、既存顧客の維持、追加販売の3つの要素が考えられる。これに関する記述と ... 閲覧
35 不適切な製品の販売が発覚し、消費者の権利を脅かすことがある。ソーシャルマーケティングなどで企業の社会的責任が指摘されてから、すでに時間が経過しているが、トラブル事例はなかなかゼロにはならない。アメリカ ... 閲覧
36 消費者の購買行動は、いくつかの段階を経て行われている。これに関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
37 販売促進活動は、社内に向けても実施されている。これに関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
38 市場を、全体を1つとみないで、セグメントに分割する接近法がしばしば用いられている。この市場細分化の軸の説明として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
39 保管に関連する業務についての記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧